So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
メッセージを送る

価格暴落時の対処法は? [投資信託]





アジア危機再来?

最近金融系の雑誌に目を通していると気になる記事を見かけました。

「アジア危機再来の恐れはあるか」

インドネシア、トルコ等の新興国が相次いで利上げしたことで、景気減速の懸念があることが論拠のようです。

アジア危機、響きからして怖いですね。1997年のアジア通貨危機、2008年のリーマンショックなどを思い出します。

過去にこうしたマーケットの動乱期に投資されていた方はどうされましたか?

推測するに、多くの方は大幅な値動きに驚き、傍観してしまったのではないでしょうか?そしてその後、評価損の多さにこんなはずでは・・・と思われるのではないでしょうか。

では、こんなときにどう対処すればよいのでしょうか?


暴落時はどう対処する?


私は、投資する前に定めた投資プランを見直すことだと思っています。

長期の投資計画を考えた際に、投資対象の長期的な成長見通しと、自分の許容可能なリスクも検討し、そのうえでリスクの高い株式をいくら、リスクの低い債権をいくらとポトフォリオを組まれたはずです。

目先の値下がりにばかり目が言って、当初の計画を忘れてしまってはせっかく立てた計画がもったいないです。

最初に作った投資計画と当時の考えをもう一度見直しましょう。この際に練った計画が、リスクも考えたうえでの長期的なものであればそれほど大きな修正は必要ないはずです。自分の計画を信じて当初の計画を貫きましょう。

ドルコスト・平均法を採用されている方は、逆に安くたくさんの口数を買うチャンスと考えることもできます。自分の作った地域分散、資産分散の効果がない状況は一時的なものと考えるべきです。


長期的な視点を持っていますか?



世界的に有名な投資家、バフェット氏も10年先にその企業がどうなっているかを考えて投資すると言っています。

投資で大事なのは10年、20年のスパンでの見通しです。こんな先のこと誰にも分かりません。でもそれだからこそ、資産分散、地域分散、時間分散によるリスクマネジメントが必要なのです。


あ、自分が投資を始めたときの目標を忘れちゃった・・・・って方もいるかも知れません。

最近はEvernoteなどの便利なツールもあります。投資計画も貴重な財産です。きちんとメモしておくことをオススメします。そして定期的に見直してPDCAサイクルをまわしましょう。
(いつの間にか思いつき投資している、なんてことがありませんように。)

さて、今日は、投資の心得的な話になってしまいました。

それでは!


投信の関連記事はこちら


日本株から逃げる海外投資家?
アフリカ株投資信託とひとくくりに言うけれど…
世界の投資信託にご興味は?
アフリカ株投資信託にご興味は?
金価格が再上昇してきました(2013年8月中旬)
急激に円高が進みましたね(2013年8月上旬)

申し込んでもいないNISA申し込みキットが届きました
NISA口座10箇条!
NISA口座をどこで作ろう?(三菱東京UFJモルガンスタンレー証券編)
NISA口座をどこで作ろう?(カブドットコム編)
NISA口座をどこで作ろう?(野村證券編)
NISA口座をどこで作ろう?
NISA口座は損益通算できません!

リッパー・ファンド・アウォード2013
グロソブの1位いつまで続くか?
7月の新規設定ファンド
インドルピーが下がりすぎてやばい件(2013年8月下旬)
ブラジルの経済成長率予想2.5%まで引き下げ!
ブラジル株投資信託がここ最近で20%も下落(2013年8月上旬)
10個の選ばれしアメリカファンドたち
VIX恐怖指数って??

金価格を左右するファクターたち
原油価格を左右するファクターたち
原油価格との連動
金価格と原油価格のコーリレーションについて1
金価格と原油価格のコーリレーションについて2
投資対象として金はどうなの?
米国のGDP成長率

中国の一人っ子政策の影・・・
ロシア関連ファンド
ロシア関連ファンドの選び方

ファンド基本情報
販売会社・手数料一覧


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。