So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
メッセージを送る

交付目論書と請求目論見書の違いって? [投資信託]





交付目論見書と請求目論見書の違いって!?


投資信託を買うときに皆さんも見られますよね、「目論見書」。

証券会社によっては、この目論見書を投資家が呼んだかどうかをブラウザでチェックしていて、目論見書のリンクをクリックしなければその投信を買えないようにしているところもあります。

その投資信託の説明書のようなもので、投資対象や設定日、手数料、特徴などが記載されています。

この目論見書には2種類あることに気づいた方はいらっしゃいますか?

交付目論見書について


まず、交付目論見書です。

ふつう、「目論見書」といえばこちらを指しますし、皆さんが投資信託を購入する際に必ずご覧になるのもこの交付目論見書です。

この交付目論見書は、いわば投資信託の基本的な説明を載せた投信説明書のようなものです。

投資信託の運用会社が作成し、販売会社が必ず投資家に交付しなければなりません。法律でそう義務付けられているのです。

交付目論見書は重要な情報に絞って書かれているため、ボリュームはせいぜい10ページ程度です。

請求目論見書について


一方、請求目論見書については普段ご覧にならない方も多いと思います。

こちらは必ず交付しなければならないものではなく、投資家から請求があった場合にのみ交付すればよいものです。

中身の違いは、請求目論見書の方が詳細な情報が載っているということです。

一般の投資家の方はあまりなじみのない、純資産額計算書、貸借対照表や損益計算書等の経理情報、ファンドの沿革などです。



交付目論見書が基本的な説明書であり、概要を知るにはこちらで十分。もっと知識があって、中身を詳しく見てみたいという方は請求目論見書も必要に応じて参照する、という具合です。

いずれも運用会社に作成が義務付けられているので、これらがないファンドはありません。


さて、今日は目論見書の種類のご説明でした。


それでは!

投信の関連記事はこちら


毎月5万円で1億円!?
日本株から逃げる海外投資家?
アフリカ株投資信託とひとくくりに言うけれど…
世界の投資信託にご興味は?
アフリカ株投資信託にご興味は?
金価格が再上昇してきました(2013年8月中旬)
急激に円高が進みましたね(2013年8月上旬)

申し込んでもいないNISA申し込みキットが届きました
NISA口座10箇条!
NISA口座をどこで作ろう?(三菱東京UFJモルガンスタンレー証券編)
NISA口座をどこで作ろう?(カブドットコム編)
NISA口座をどこで作ろう?(野村證券編)
NISA口座をどこで作ろう?
NISA口座は損益通算できません!

リッパー・ファンド・アウォード2013
グロソブの1位いつまで続くか?
2013年8月の新規設定ファンド
2013年7月の新規設定ファンド
株価暴落時にどう対処するか?
インドルピーが下がりすぎてやばい件(2013年8月下旬)
ブラジルの経済成長率予想2.5%まで引き下げ!
ブラジル株投資信託がここ最近で20%も下落(2013年8月上旬)
10個の選ばれしアメリカファンドたち
VIX恐怖指数って??

金価格を左右するファクターたち
原油価格を左右するファクターたち
原油価格との連動
金価格と原油価格のコーリレーションについて1
金価格と原油価格のコーリレーションについて2
投資対象として金はどうなの?
米国のGDP成長率

中国の一人っ子政策の影・・・
ロシア関連ファンド
ロシア関連ファンドの選び方

ファンド基本情報
販売会社・手数料一覧
価格暴落時の対処法は?


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:マネー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 5

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。