So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
メッセージを送る

NISA開始まで1ヵ月、準備は万端ですか? [投資信託]







NISAの開始、もう1ヵ月を切りました



こんばんは。

私の住んでいる街では今日は暖かい一日でした。皆さんの周りはいかがでしたか?

さて、突然ですが、今日はもうすぐ始まるNISA開始に向け、やっておくべきことを整理してみましょう。

①NISA口座はちゃんと開こう(当たり前ですが。。)
②投資資金を準備しよう
③NISA向きの投資ファンドを選ぼう

①NISA口座を開こう!



まずは、何よりもこれから。

NISA口座はいったん開くとすぐには変えられません。2015年から、毎年変更可能になるかも、と報道されていますが、現状ではいったん口座を開くと4年間は変更できないことになっています。

キャンペーンや銀行のおねーさんの誘惑に負けて、不本意な金融機関に口座を開かないように注意しましょう。

個人的には、手数料が安く、投資信託の品揃えが豊富なネット証券をオススメします。

特に投資信託の取り扱い数が国内トップクラスの「SBI証券」や「楽天証券」がオススメです。

銀行の方々には申し訳ないですが、残念ながら

「銀行ではNISA口座は開いてはいけません」

銀行はネット証券に比べて手数料が高いですし、投資信託の品揃えも少ないです。ETFも銀行では取り扱っていません。

また、投資信託の検索機能やポトフォリオチェック機能が充実しているネット証券の個人ページに比べると、銀行の個人ページは貧弱です。

あとは、NISA口座は一人1口座が原則です。すなわち、配偶者がいらっしゃる方は、家庭で2口座持てることになります。

奥様は投資にご興味がないという旦那様、この機会に口座開設してみると家庭で非課税枠が倍増します。

「奥様だってNISAです」

ご検討されてはいかがでしょうか?

②投資資金を準備しよう!



NISA口座をフルに生かそうとするならば、非課税枠いっぱいの100万円を使い切るのが理想的です。

注意しなければならないのは、現状保有している投資信託、ETFなどはNISA口座に移管できないことです。

あくまで

「非課税になるのは、NISA口座内で新規購入した商品」

のみです。

資金に余裕があるという羨ましい方なら問題ありませんが、若者の方など、投資資金が限られている方は、現在投資されている商品を一度清算し、NISA用の資金を準備することが必要です。

ところで、NISAが始まるということは、すなわち

「この1月から現在10%の優遇税率がなくなり、20%になる」

ということです。

儲けが出ている商品はこの機会に利益確定しておくこともご検討ください。

③NISA向きの投信を選ぼう!



さて、これが一番大事です。

まず、消去法から行きましょう。

NISAに向いていない投信は、なんと言っても「毎月分配型」

でしょう。

近年、「毎月分配型」投信は、毎月分配金が支払われるため、年金の足しに、とリタイア世代から人気を博していますが、

NISAには向いていません。

なぜかというと、

1.分配金の一部はそもそも非課税なのでNISAの非課税特権を享受しきれない。
2.分配金を再投資すると100万円の非課税枠を越える可能性がある。

ためです。

1.について、分配金には「特別分配金(元本払い戻し金)」と「普通分配金(儲け分支払金)」があります。

前者については、儲けが出ていないのに、自分の身を削って支払っているため、そもそも税金を引かれません。

それなら、せっかくのNISA口座内で投資しているのに、NISA外で投資していても変わりませんよね。

2.について、NISAの非課税枠は、年間購入金額100万円までです。100万円購入後、1万円の分配金が発生したとすると、その1万円はめでたく非課税です。


しかしながら、それを再投資しようとすると、100万円の枠は使い切っていますから、それ以上の購入分は非課税枠から外れます。

それなら、分配金を出さずに、ファンド内に溜め込んでおいて、値上がりしたときにワッと一気に売ってしまった方が効率的というわけです。

・・・っとついつい長くなってしまいました。

読者の方々を疲れさせてしまっては恐縮ですので、この辺で。

NISA向きの投資信託については、また近いうちにご紹介させて頂きます。

それでは!

投資信託の関連記事はこちら




【NISAで投資信託】

申込んでもいないNISA申込みキットが届きました(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)
申込んでもいないNISA申込みキットが届きました(三菱UFJ銀行)
NISA口座10箇条!
NISA口座をどこで作ろう?(三菱UFJモルガンスタンレー証券編)
NISA口座をどこで作ろう?(カブドットコム編)
NISA口座をどこで作ろう?(野村證券編)
NISA口座をどこで作ろう?
NISA口座は損益通算できません!
2015年からNISA口座変更の4年縛りがなくなるかもしれません


【REITで投資信託】

REITってどんな銘柄があるの?
REIT投信の選び方
REIT投信の魅力
REITとは?


【このごろ市場はどうなの?】

米国のGDP成長率(2013年7月下旬)
急激に円高が進んできました(2013年8月上旬)
ブラジル株投資信託がここ最近で20%も下落(2013年8月上旬)
金価格が再上昇してきました(2013年8月中旬)
インドルピーが下がりすぎてやばい件(2013年8月下旬)
ブラジルの経済成長率予想2.5%まで引き下げ!(2013年8月下旬)
インド株投信再上昇!(2013年9月中旬)


【今月の新規ファンド】

2013年7月の新規設定ファンド84本
2013年8月の新規設定ファンド64本
2013年9月の新規設定ファンド117本
2013年10月の新規設定ファンド125本
2013年11月の新規設定ファンド70本


【投資信託はどのタイプがいいの?】

インデックスファンド VS アクティブファンド
私はインデックスファンドを信託報酬で選びます
金関連の投資信託はどう?
最近ブームの通貨選択型ファンドってどうなの?
低コストインデックスファンドの歴史
低コストインデックスファンドの全7シリーズ
低コストインデックスファンド大全【株式ファンド編】
低コストインデックスファンド大全【債券ファンド編】
低コストインデックスファンド大全【コモディティ・リート・バランス型ファンド編】

【投資信託はどこの国がいいの?】

世界の投資信託にご興味は?
アフリカ株投資信託にご興味は?
アフリカ株投資信託とひとくくりに言うけれど…
ロシア関連ファンドの選び方
資源国ロシアのファンドにはどんな銘柄が?
ロシアの今後を憂う(2013年11月上旬)


【これなら無難?格付けされた投資信託たち】

10個の選ばれしアメリカファンドたち
リッパー・ファンド・アウォード2013
グロソブの1位いつまで続くか?


【投資信託ニュース】

海外投資家が日本から逃げていく?
中国の一人っ子政策の影・・・
続:毎月5万円で1億円てホント!?
毎月5万円で1億円てホント!?


【投資信託の手続きについて教えて!】

モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その1)
モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その2)
モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その3)
手数料はどこの販売会社が安いの?
投資信託するなら押さえとかなきゃ27サイト♪

【まさか、そんなことも知らないの?】

目論見書には2つあるって知ってました?
VIX恐怖指数って??
世界の高金利通貨たち
ファンド基本情報(ブラックロック・ゴールド・ファンド)
金価格を左右するファクターたち
原油価格を左右するファクターたち
原油価格との連動
金価格と原油価格のコーリレーションについて1
金価格と原油価格のコーリレーションについて2
価格暴落時の対処法は?


投資信託以外のきまぐれ記事はこちら





nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マネー

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。