So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
メッセージを送る

低コストインデックスファンドとETFはどちらがお得?~日経平均編1(信託報酬が低いほどリターンは高いのか)~ [投資信託]






低コストインデックスファンドとETF、どっちがお得なの!?



近年、望ましいことに手数料無料、信託報酬を低く抑えた低コストインデックスファンドの数が増えてきました。

具体的な銘柄はこちらの記事をご覧ください。

記事:低コストインデックスファンド【株式投資信託編】
記事:低コストインデックスファンド【債券投資信託編】
記事低コストインデックスファンド【リート・コモディティ・バランス投信編】

これら低コストインデックスファンドの信託報酬は低いものでは0.2%代のものもあり、これはもはや上場投資信託ETFと同レベルのコストの安さです。

売買手数料の観点では、低コストインデックスファンドは、購入時手数料0(ノーロード)は当たり前、解約時信託財産留保額も無料のものもあります。

ETFが購入時、売却時に一定の手数料が必要であることを鑑みると、

銘柄によっては、ETFよりも低コストインデックスファンドの方が「お得」とも言えそうです。

この記事では、日経225に連動する低コストインデックスファンドとETFのリターンに着目して、どちらがお得なのか、考えてみたいと思います。

日経平均への連動性が高いのは?



まずは、1年間の基準価額の推移から。

日本人投資家にとって一番馴染みの深い日経225に連動する以下の低コストインデックスファンド、ETFを選びました。[]内は信託報酬です。

【日経225に連動する代表的な低コストインデックスファンド・ETF】
======================================
(投信)ニッセイ 日経225インデックスファンド [0.26%]
(投信)SMT 日経225インデックス・オープン[0.39%]
(投信)eMAXIS 日経225インデックス[0.42%]
(投信)Funds-i 日経225[0.42%]

(ETF)ダイワ 上場投信-日経225 [0.16%]
(ETF)iシェアーズ日経225ETF[0.17%]
(ETF)日経225連動型上場投資信託 [0.22%]
(ETF)上場インデックスファンド225[0.23%]
======================================

いずれも信託報酬0.5%以下の低コストを実現しています。

ややETFの方が低いでしょうか。

これら投信・ETFの1年間の基準価額の推移が下のグラフです。

History.png
H24年12月からH25年12月までの日経平均インデックスファンド・ETFの基準価額推移


っとグラフを作ったところで肝心のオリジナルの日経平均を入れるのを忘れていました。。

ま、いっか。

ということで、改めてグラフを見てみると、見事に一致しているのが分かると思います。
(1年前を1としています。)

信託報酬の差は、ほぼパフォーマンスには影響していないように見えます。

1年間のリターンで比較してみよう



日経平均の1年間のリターンは、低コストインデックスファンドとETF、どちらが高いのでしょうか?

H25年12月までの1年間のリターンで比較してみましょう。

下のグラフをご覧ください。

1year.png
H24年12月からH25年12月までの1年間リターンと信託報酬の関係


一番リターンが低いものは1.544、高いものは1.563。最大1.9%も差があります。

信託報酬の差は0.16%~0.42%と0.26%しかないにもかかわらず、この6倍程度もばらつきがあるのです。


ちなみに、オリジナルの日経平均は1.542倍(+54.2%)。

おっと、いずれのファンド・ETFもオリジナルの日経平均を上回るリターンを得ているではないですか。。


さらに、信託報酬が高いほどリターンを食いつぶされてリターンが低くなるように

予想してしまうのですが、そういうわけでもなく

どちらかというと、信託報酬の高い投信の方が高いリターンを得ているようにも見えます。


いやいや、これはたまたま上昇トレンドだからだろ!

ということで、下降トレンドでも確認してみましょう。


というところで長くなってしまいましたので・・・続きは次回、ご紹介させていただきます。

投資信託の関連記事はこちら




【NISAで投資信託】

申込んでもいないNISA申込みキットが届きました(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)
申込んでもいないNISA申込みキットが届きました(三菱UFJ銀行)
NISA口座10箇条!
NISA口座をどこで作ろう?(三菱UFJモルガンスタンレー証券編)
NISA口座をどこで作ろう?(カブドットコム編)
NISA口座をどこで作ろう?(野村證券編)
NISA口座をどこで作ろう?
NISA口座は損益通算できません!
2015年からNISA口座変更の4年縛りがなくなるかもしれません
NISA開始前の必要準備!
SBI証券でNISA口座を開きました

【REITで投資信託】

REITってどんな銘柄があるの?
REIT投信の選び方
REIT投信の魅力
REITとは?


【このごろ市場はどうなの?】

米国のGDP成長率(2013年7月下旬)
急激に円高が進んできました(2013年8月上旬)
ブラジル株投資信託がここ最近で20%も下落(2013年8月上旬)
金価格が再上昇してきました(2013年8月中旬)
インドルピーが下がりすぎてやばい件(2013年8月下旬)
ブラジルの経済成長率予想2.5%まで引き下げ!(2013年8月下旬)
インド株投信再上昇!(2013年9月中旬)
今月の日経平均の見通し

【今月の新規ファンド】

2013年7月の新規設定ファンド84本
2013年8月の新規設定ファンド64本
2013年9月の新規設定ファンド117本
2013年10月の新規設定ファンド125本
2013年11月の新規設定ファンド70本


【投資信託はどのタイプがいいの?】

インデックスファンド VS アクティブファンド
私はインデックスファンドを信託報酬で選びます
金関連の投資信託はどう?
最近ブームの通貨選択型ファンドってどうなの?
低コストインデックスファンドの歴史
低コストインデックスファンドの全7シリーズ
低コストインデックスファンド大全【株式ファンド編】
低コストインデックスファンド大全【債券ファンド編】
低コストインデックスファンド大全【コモディティ・リート・バランス型ファンド編】

【投資信託はどこの国がいいの?】

世界の投資信託にご興味は?
アフリカ株投資信託にご興味は?
アフリカ株投資信託とひとくくりに言うけれど…
ロシア関連ファンドの選び方
資源国ロシアのファンドにはどんな銘柄が?
ロシアの今後を憂う(2013年11月上旬)


【これなら無難?格付けされた投資信託たち】

10個の選ばれしアメリカファンドたち
リッパー・ファンド・アウォード2013
グロソブの1位いつまで続くか?


【投資信託ニュース

海外投資家が日本から逃げていく?
中国の一人っ子政策の影・・・
続:毎月5万円で1億円てホント!?
毎月5万円で1億円てホント!?


【投資信託の手続きについて教えて!】

モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その1)
モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その2)
モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その3)
手数料はどこの販売会社が安いの?
投資信託するなら押さえとかなきゃ27サイト♪

【まさか、そんなことも知らないの?】

目論見書には2つあるって知ってました?
VIX恐怖指数って??
世界の高金利通貨たち
ファンド基本情報(ブラックロック・ゴールド・ファンド)
金価格を左右するファクターたち
原油価格を左右するファクターたち
原油価格との連動
金価格と原油価格のコーリレーションについて1
金価格と原油価格のコーリレーションについて2
価格暴落時の対処法は?


投資信託以外のきまぐれ記事はこちら





nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。