So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
メッセージを送る

NISA向き投資信託を選ぼう(その1)♪ [投資信託]





NISAおすすめ投資信託は?



新年、明けましておめでとうございます。
2013年はたくさんのアクセスを頂き、ありがとうございました。

2014年、私ごとですが日本にとどまらず、国外にまで足を伸ばして活動する計画です。
中国、スウェーデン、フランス、オーストラリア+α・・・

今年は、世界的に景気回復が期待されるなか、弊ブログの中身も充実させていきますので、どうぞ、よろしくお願いします。
皆さまにとってもよい一年になりますように。

さて、正月休みは食べて寝て、投資について思いを巡らすに限ります。

元旦の今日は、NISA口座で運用するおすすめ投信について考えてみましょう。

NISA向き投信って?まずは消去法で



NISA口座で運用するのに向いている投信はどんな種類のものがよいのでしょうか?

まずは、消去法で考えてみましょう。

以下のファンド、運用方針はNISA口座には向いていないでしょう。

=============================
①毎月分配型
②積立投資(ドルコスト平均法)
=============================

NISAで毎月分配型はダメですよ!



まず、①毎月分配型の投資信託はNISA口座で運用しない方がよいでしょう。
(毎月に限らず、隔月等も含みます。要は分配頻度が高いものです。)

これは、以前の記事でもご紹介しましたが、大きく二つの理由があります。
(記事:NISAの準備は万端ですか?

1.分配金の一部(特別分配金)はそもそも非課税なのでNISAの非課税特権を享受しきれない。
2.分配金を再投資すると100万円の非課税枠を越える可能性がある。

毎月入る分配金を年金の足しにできるとしてリタイア世代に特に人気のあった(というか、銀行や郵便局、証券会社がそういう名目で販売しやすかった)毎月分配型ですが、NISA口座での運用には向いていないでしょう。

現在保有されている方は、そのまま、NISA口座外で運用されるのがよいかと思います。

(例外として、今後新しくNISA口座内で投信を購入するつもりなんてないよ。これまでもこれからも今持っている毎月分配型だけだよ!という方なら、NISA口座内で毎月分配型を保有してよいでしょう。利益分の分配金(普通分配金)で差し引かれる税金は20%⇒0%になりのは事実ですので。)

NISAで毎月積立はナンセンス!



NISA口座内での運用に向いていない投資方針としては「毎月積立」があります。

「毎月積立」は、

毎月一定額購入し続けることで、5年、10年の長いスパンでゆっくり投資額を増やしていく投資方法です。性格としては貯蓄にも似ています。

また、毎月一定額購入することでリスク分散を図った投資方法でもあります。ある時期に一気に購入するのではなく、分散して購入することで高く買ってしまうリスクを減らすのです。

では、なぜNISAに向いていないかというと・・・・

①NISA口座の枠は最長5年ですので、長い目で見て、リスクを減らしつつゆっくり資産を増やす、という毎月積立はNISAには向いていないためです。

②また、毎月少しずつ購入しますので、毎月100万円の非課税枠をフルに生かすことができないためです。

NISAで定期積立は絶対ダメ!という分けではありませんが、
毎月積立の「リスクを減らしてゆっくり資産を増やす」という目的が、
NISAの「毎年100万円の非課税枠、最長5年」という性格と
マッチしない、ナンセンスということです。

毎月積立はそれはそれで優れた資産運用方針ですので、私も実践していますが、これはNISA口座外で行うのがよいでしょう。


(これも例外として、NISA口座内で別に新規に投資するつもりないよ。後にも先にも積立投信しかしないんだ!という確固たる決意がある方は、NISA口座内で積立してよいでしょう。利益分が非課税になるのは事実ですので。)

さて、今日はNISA口座内での運用に向いていない2つの投信と運用方法をご紹介しました。

続きはまた次回!


投資信託の関連記事はこちら




【NISAで投資信託】

申込んでもいないNISA申込みキットが届きました(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)
申込んでもいないNISA申込みキットが届きました(三菱UFJ銀行)
NISA口座10箇条!
NISA口座をどこで作ろう?(三菱UFJモルガンスタンレー証券編)
NISA口座をどこで作ろう?(カブドットコム編)
NISA口座をどこで作ろう?(野村證券編)
NISA口座をどこで作ろう?
NISA口座は損益通算できません!
2015年からNISA口座変更の4年縛りがなくなるかもしれません
NISA開始前の必要準備!
SBI証券でNISA口座を開きました
NISAと相性のよい投資信託


【REITで投資信託】

REITってどんな銘柄があるの?
REIT投信の選び方
REIT投信の魅力
REITとは?


【このごろ市場はどうなの?】

米国のGDP成長率(2013年7月下旬)
急激に円高が進んできました(2013年8月上旬)
ブラジル株投資信託がここ最近で20%も下落(2013年8月上旬)
金価格が再上昇してきました(2013年8月中旬)
インドルピーが下がりすぎてやばい件(2013年8月下旬)
ブラジルの経済成長率予想2.5%まで引き下げ!(2013年8月下旬)
インド株投信再上昇!(2013年9月中旬)
今月の日経平均の見通し
トルコ投信急落!(2013年12月下旬)

【今月の新規ファンド】

2013年7月の新規設定ファンド84本
2013年8月の新規設定ファンド64本
2013年9月の新規設定ファンド117本
2013年10月の新規設定ファンド125本
2013年11月の新規設定ファンド70本


【投資信託はどのタイプがいいの?】

インデックスファンド VS アクティブファンド
私はインデックスファンドを信託報酬で選びます
金関連の投資信託はどう?
最近ブームの通貨選択型ファンドってどうなの?
低コストインデックスファンドの歴史
低コストインデックスファンドの全7シリーズ
低コストインデックスファンド大全【株式ファンド編】
低コストインデックスファンド大全【債券ファンド編】
低コストインデックスファンド大全【コモディティ・リート・バランス型ファンド編】
低コストインデックスファンド 対 ETF~日経平均編1(信託報酬とリターン1)~
低コストインデックスファンド 対 ETF~日経平均編2(信託報酬とリターン2)~
低コストインデックスファンド 対 ETF~日経平均編3(純資産総額と乖離)~


【投資信託はどこの国がいいの?】

世界の投資信託にご興味は?
アフリカ株投資信託にご興味は?
アフリカ株投資信託とひとくくりに言うけれど…
ロシア関連ファンドの選び方
資源国ロシアのファンドにはどんな銘柄が?
ロシアの今後を憂う(2013年11月上旬)


【これなら無難?格付けされた投資信託たち】

10個の選ばれしアメリカファンドたち
リッパー・ファンド・アウォード2013
グロソブの1位いつまで続くか?


【投資信託ニュース】

海外投資家が日本から逃げていく?
中国の一人っ子政策の影・・・
続:毎月5万円で1億円てホント!?
毎月5万円で1億円てホント!?


【投資信託の手続きについて教えて!】

モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その1)
モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その2)
モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その3)
手数料はどこの販売会社が安いの?
投資信託するなら押さえとかなきゃ27サイト♪


【まさか、そんなことも知らないの?】

目論見書には2つあるって知ってました?
VIX恐怖指数って??
世界の高金利通貨たち
ファンド基本情報(ブラックロック・ゴールド・ファンド)
金価格を左右するファクターたち
原油価格を左右するファクターたち
原油価格との連動
金価格と原油価格のコーリレーションについて1
金価格と原油価格のコーリレーションについて2
価格暴落時の対処法は?




nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:マネー

nice! 16

コメント 4

まる

明けましておめでとうございます。

世界的な景気回復。ぜひ実現してほしいです。

今年もどうぞよろしくお願いします。
by まる (2014-01-02 11:07) 

ぽちの輔

明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。
(4日から更新する予定です)
by ぽちの輔 (2014-01-02 11:20) 

teln

アケオメーション(謎)(^。^;)。

毎月分配型は税金面で不利だっていうのが
自分の中での常識だったんですけど、
NISAでも扱いづらい面ありますね。

つーか、100万縛りはこちらも小額しかないから
別にいいけど、やっぱり5年縛りはなくしてほしい。
ただ5年以上持ち続けてもトレンド転換したら
ひどい目に遭うことになりますが…。
by teln (2014-01-03 01:28) 

mog

>まる様

あけましておめでとうございます。
景気回復に期待です。がんばれ、世界経済!

>ぽちの輔様

こちらこそありがとうございました。
今年も楽しい記事を楽しみにしております。

>teln様

アケオメショーン!(最近の流行ですかコレ?)

5年縛りは投資先を振り返るいい機会になるのはいいですが、投資対象を考えるうえではネックですよね。
5年ごとに新しく株やら投信やらを買わせて手数料を搾り取ろうとする金融機関の陰謀なのかしら。


by mog (2014-01-03 14:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。