So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
メッセージを送る

この一年で最も成績のよかった直販型投信はレオスのひふみ投信でした(2014年7月) [投資信託]






直販型投信ってご存知ですか?



前回の記事(たくさん投信作っている投信会社は?)でもご紹介しましたが、日本には70を超える投信会社があります。

この中には「直販型」と呼ばれる投信会社があります。

この直販型投信会社の特徴は以下のようなものです。

◆販売会社を通さずに、直接投資家に投信を販売する。

◆販売会社に支払う販売手数料が不要(ノーロード)なものがほとんど

◆基本的にアクティブファンド

◆無分配型が多い

◆直販型投信会社1社につき、1~3本程度の投信を運用

直販型投信に対する個人的な印象としては、1本の投信を丁寧に育てていってるイメージです。


直販型投信って具体的には?



では、具体的な銘柄を見てみましょう。

代表的な直販型投信には以下のようなものがあります。

信託報酬が低い順に並べてみました。

投信会社ファンド名信託報酬純資産[百万円]
セゾン投信セゾン バンガード・グローバルバランスF0.7474457
レオスひふみ投信1.0613453
さわかみ投信さわかみファンド1.08294202
鎌倉投信結い21011.0910065
セゾン投信セゾン 資産形成の達人ファンド1.3514149
コモンズ投信コモンズ 30ファンド1.354532
クローバー浪花おふくろファンド1.65828
ありがとう投信ありがとうファンド1.710697
クローバーらくちんファンド1.71650
クローバーかいたくファンド1.71522
ユニオンユニオンファンド1.92636



一番低コストなのは、「セゾン バンガード・グローバルバランスF」で0.74%です。

インデックスファンドです。

次に低コストなのは、「ひふみ投信」です。これはアクティブファンドの中で最も低コストのファンドです。

次は「さわかみファンドです」。メディアでもよく取り上げられるファンドですね。ファンド・オブ・ファンズではなく、自社で売買株式の品定めをしています。


直販型投信のうち、この一年で一番成績が良かったのは?



上に挙げた直販型投信はそれぞれ投資対象が違っていてインデックスもなしに単純に比較するのはかわいそうですが、この一年での成績を見てみましょう。

history.png
この一年の直販型投信の値動き(2013年7月~2014年7月)


直販型投信のうち一番の成績優秀ファンドは「ひふみ投信」でした



上のグラフからも分かると思いますが、一番成績がよかったのは「ひふみ投信」でした。

2013年1月には騰落率3割を超えてダントツトップでしたが、この頃の世界的株安には勝てず一時失速、最終的に年間+25%となりました。

そのほか、「セゾン資産形成の達人ファンド」や「かいたくファンド」が堅調でした。

かいたくファンドは少し意外でしたが・・・。

直販投信の代表格ともいえる「さわかみファンド」はあまり振るわず、「結い」と「コモンズ30」はそろって最低の運用成績でした。


投信名投信会社騰落率[1年]信託報酬純資産総額[百万円]
1 ひふみ投信レオス25.01.0613453
2 セゾン資産形成の達人ファンドセゾン投信21.21.3514149
3 かいたくファンドクローバー19.21.71522
4 浪花おふくろファンドクローバー16.71.65828
5 ユニオンファンドユニオン16.01.92636
6 らくちんファンドクローバー15.31.71650
7 セゾンバンガード・グローバルバランスFセゾン投信14.00.7474457
8 さわかみファンドさわかみ投信12.71.08294202
9 ありがとうファンドありがとう投信11.91.710697
10 結い2101鎌倉投信5.81.0910065
11 コモンズ30ファンドコモンズ投信5.51.354532


さて、今日は直販型投信とその成績についてご紹介しました。

投信運用に対する姿勢など評価でき、個人的には直販型投信にはいい印象を持っています。

興味をもたれた方はご検討されてはいかがでしょうか。

低コスト、分散投資型のファンドも多く、長期投資にもオススメですよ。


投資信託の関連記事はこちら



【NISAで投資信託】

申込んでもいないNISA申込みキットが届きました(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)
申込んでもいないNISA申込みキットが届きました(三菱UFJ銀行)
NISA口座10箇条!
NISA口座をどこで作ろう?(三菱UFJモルガンスタンレー証券編)
NISA口座をどこで作ろう?(カブドットコム編)
NISA口座をどこで作ろう?(野村證券編)
NISA口座をどこで作ろう?
NISA口座は損益通算できません!
2015年からNISA口座変更の4年縛りがなくなるかもしれません
NISA開始前の必要準備!
SBI証券でNISA口座を開きました
NISAと相性のよい投資信託
NISAおすすめ投資信託(この2つはやめておきましょう)
NISAおすすめ投信(非課税枠は100万円だから・・・)
SBI証券でNISA口座開設されました!
NISA向きの資産運用を
NISA口座開設が2週間でできる件


【REITで投資信託】

REITってどんな銘柄があるの?
REIT投信の選び方
REIT投信の魅力
REITとは?


【このごろ市場はどうなの?】

米国のGDP成長率(2013年7月下旬)
急激に円高が進んできました(2013年8月上旬)
ブラジル株投資信託がここ最近で20%も下落(2013年8月上旬)
金価格が再上昇してきました(2013年8月中旬)
インドルピーが下がりすぎてやばい件(2013年8月下旬)
ブラジルの経済成長率予想2.5%まで引き下げ!(2013年8月下旬)
インド株投信再上昇!(2013年9月中旬)
今月の日経平均の見通し
トルコ投信急落!(2013年12月下旬)
トルコ・トルコリラ、さらに下落!
BRICsのGDP成長率推移見通し(2014WEO)
アジア諸国のGDP成長率見通し(2014WEO)
先進国諸国のGDP成長率見通し(2014WEO)


【今月の新規ファンド】

2013年7月の新規設定ファンド84本
2013年8月の新規設定ファンド64本
2013年9月の新規設定ファンド117本
2013年10月の新規設定ファンド125本
2013年11月の新規設定ファンド70本
2013年12月の新規設定ファンド102本
2014年1月の新規設定ファンド67本
2014年2月の新規設定ファンド53本
2014年3月の新規設定ファンド68本
2014年4月の新規設定ファンド46本
2014年5月の新規設定ファンド51本
2014年6月の新規設定ファンド47本


【投資信託はどのタイプがいいの?】

インデックスファンド VS アクティブファンド
私はインデックスファンドを信託報酬で選びます
金関連の投資信託はどう?
最近ブームの通貨選択型ファンドってどうなの?
低コストインデックスファンドの歴史
低コストインデックスファンドの全7シリーズ
低コストインデックスファンド大全【株式ファンド編】
低コストインデックスファンド大全【債券ファンド編】
低コストインデックスファンド大全【コモディティ・リート・バランス型ファンド編】
低コストインデックスファンド 対 ETF~日経平均編1(信託報酬とリターン1)~
低コストインデックスファンド 対 ETF~日経平均編2(信託報酬とリターン2)~
低コストインデックスファンド 対 ETF~日経平均編3(純資産総額と乖離)~
ニッセイから出ました、低コストインデックスファンド3本(2013年12月)
利回り有利なバンクローンファンド 物価連動型国債ファンドが人気出てきました! 物価連動国債ファンドで4万7千円! JPX400に関する投資信託・ETF大全

【投資信託はどこの国がいいの?】

世界の投資信託にご興味は?
アフリカ株投資信託にご興味は?
アフリカ株投資信託とひとくくりに言うけれど…
ロシア関連ファンドの選び方
資源国ロシアのファンドにはどんな銘柄が?
ロシアの今後を憂う(2013年11月上旬)
上海総合に連動する投資信託はコレ!
トルコ株投資信託ならこのファンド!

【これなら無難?格付けされた投資信託たち】

10個の選ばれしアメリカファンドたち
リッパー・ファンド・アウォード2013
グロソブの1位いつまで続くか?


【投資信託ニュース】

海外投資家が日本から逃げていく?
中国の一人っ子政策の影・・・
続:毎月5万円で1億円てホント!?
毎月5万円で1億円てホント!?


【投資信託の手続きについて教えて!】

モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その1)
モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その2)
モルガンスタンレー、株.comから楽天証券に投信を移管しました(その3)
手数料はどこの販売会社が安いの?
投資信託するなら押さえとかなきゃ27サイト♪
確定申告で投資信託の損益通算を
e-Taxで投資信託の損益通算するときの下準備
NISA口座で株式配当金を非課税で受け取る方法


【まさか、そんなことも知らないの?】

目論見書には2つあるって知ってました?
VIX恐怖指数って??
世界の高金利通貨たち
ファンド基本情報(ブラックロック・ゴールド・ファンド)
金価格を左右するファクターたち
原油価格を左右するファクターたち
原油価格との連動
金価格と原油価格のコーリレーションについて1
金価格と原油価格のコーリレーションについて2
価格暴落時の対処法は?

日本で一番たくさんの投信を運用している投信会社は野村證券です

投資信託以外のきまぐれ記事はこちら


コンビニATM有料化
ウォール街には3000人もの物理学者が!
3ヵ月後の日経平均の予想は当たるのか?
みずほ投信の日経平均見通しは信頼できるか?
優遇税制、とうとう2013年12月25日分で完了!
JPX日経400ってどんな指数?
販売手数料を無料にしたいなら、この金融機関はいかが? 野村證券が株式手数料を見直しました!(2014年6月)

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 12

コメント 2

teln

こんばんはー、
こちらも直販型投信の印象は悪くはないです。

「さわかみ」の知名度はいわずもがなですが、
「ひふみ」や「鎌倉」も有名なのか聞いたことありますね。
「コモンズ」は、「渋沢ファンド」とかにしたほうが
ネームバリューありそうな気がする〜。

アクティブであろうがインデックスであろうが、
どっちにしても投資するタイミングが命なんでしょうから、
上がるときならアクティブファンドを選択するのもありか。
むしろ下げ相場で真価が問われますねアクティブは。
アクティブに下がる印象もあって(^。^;)。
by teln (2014-07-16 00:59) 

mog

こんばんは^^
いつもコメどうもです。

コモンズファンドは上に挙げた直販型ファンドの中では一番名前が直販っぽくないですよね。

というか他のファンドが特徴あり過ぎなのかな。
イメージ戦略ですね。

ふむ、上げ相場、下げ相場でのアクティブのパフォーマンス、面白そうなネタですね。

銘柄選択も大事ですよね。8割のアクティブはインデックスに勝てないとか言いますし・・・


by mog (2014-07-16 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。