So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
メッセージを送る

米国の失業率が芳しくない件・・・ [報道]





米国の失業者数


米国の7月の雇用統計が発表されました。6月の7.6%からやや低下して、4年半ぶりの低水準7.4%です。
しかしながら、5月と6月の求人数は予想を下回っていました。すなわち、いまだ経営者は積極的に従業員を雇おうという意識にはなっていないということです。

先日GDP成長率で記事を書きましたが、景気上向きの兆候は見られつつあるものの、まだまだ本格的な回復には遠いようですね。

米国のGDP成長率
中国の一人っ子政策の影・・・
原油価格との連動
ロシア関連ファンド
ロシア関連ファンドの選び方
ファンド基本情報
販売会社・手数料一覧


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

ノーベル財団 [報道]

今年のノーベル賞が発表された。
今回の日本人のノーベル賞受賞は4人。
ノーベル賞受賞者の16人のうち、今年の受賞は実に1/4を占めることになる。
オリンピックはいまいちだったけどノーベル賞の方はメダルラッシュです。

・ノーベル物理学賞
南部陽一郎(シカゴ大・大阪市大名誉教授)
益川敏英(京都産業大教授・京大名誉教授)
小林誠(、高エネルギー加速器研究機構名誉教授)

賞金は1億四千万だとか。
南部さんが半分、残り半分を残り二人で半分に分けるらしい。

南部氏は、
素粒子に質量があるのを素粒子の対称性が失われることから明らかにする考え方を提唱
したらしい。なんのことやら。

小林・益川両氏は、
CP対称性の破れという現象の起こる理由を73年に理論的に説明。
自然界にはクォークが少なくとも6種類必要と予言したとか。

南部さんの方は61年、小林・益川さんの方は73年の理論だから
もうずいぶんと昔の話。
斬新な研究成果が世間から十分認められるまでそれだけ長い時間がかかる
ということなのかもしれません。

ノーベル化学
下村脩(ボストン大名誉教授)

紫外線を当てると緑色に輝くタンパク質をクラゲから発見したそうな。
この発見で、脳神経の発達、がん細胞の広がりを追跡できるようになり、
今日の医療にも大きな貢献をしています。

これまでのノーベル賞受賞者は以下の通り。

・経済学賞0
なし

・平和賞1
佐藤栄作(東大卒)

文学賞2
川端康成(東大卒)
大江健三郎(東大卒)

医学生理学賞1
利根川進(京大卒)

・化学賞5
福井謙一(京大卒)
白川英樹(東工大卒)
野依良治(京大卒)
田中耕一(東北大卒)
下村脩(長崎大卒)

・物理学賞7
湯川秀樹(京大卒)
朝永振一郎(京大卒)
江崎玲於奈(東大卒)
小柴昌俊(東大卒)
南部陽一郎(東大卒)
小林誠(名大卒)
益川敏英(名大卒)

ノーベル賞受賞者は東大より京大のが多かったような気がしてたけど
意外とそんなこともなかったようです。
今回の南部さんの受賞で東大6、京大5になりました。
でも自然科学分野では京大5、東大3と京大の方が勝ってます。

ノーベル賞受賞者は毎年10月の発表の時点で生存していることが必要だそうです。
特に自然科学の分野での業績は世界的に評価されるまで時間がかかるため
これまで受賞するほどの業績を残しておきながら亡くなってしまった人も
数多くいたことでしょう。

トルコの原発入札 [報道]

トルコが原子力発電所を作るための法律を整えたのは去年のこと。
そしてついに昨日9/24に建設・運営する企業の入札を実施したらしい。

建設地はトルコ南部、規模は400万kWほど。
世界最大の柏崎刈羽の原発が7基合わせて820万kWだから、発電量はその半分にも満たないことになる。

入札したのはトルコ国内の国営企業と財閥企業の連合1つだけ。
原子力プラントメーカーといえば日本のGE日立、東芝/WH、三菱重工やフランスのAREVAなどが強いが、
今回は見送ってしまったらしい。日本企業の活躍が見られなくて残念。

近年CO2排出量の多い火力/石炭火力発電所に代わって原子力発電所の建設が望まれ、
特に中国アメリカなどでも今後積極的に原子力発電所を建設する計画があります。

経済発展の基盤であるインフラ整備を着実に進めてトルコには経済発展してもらいたいところです。

原子力プラントメーカーは1980-90年代に再編が進み、当時の

欧州
・ブラウン・ボベリー
・アセア
・フラマトム
・シーメンス

・WH
・GE
・コンバッション・エンジニアリング
・バブコック&ウィルコックス
日本
・三菱重工
・日立
・東芝

から

・WH-東芝
・GE-日立
・アレバ-三菱重工

と国際的に提携したメーカーのみ生き残っているという現状があります。

シートベルトとエコ [報道]

改正道路交通法が6月1日から施工され、後部座席でもシートベルトが

義務化されるそうです。


違反した場合は運転者の免許点数が1点減点されてしまいます。
(ただし、当面減点対象は高速道路自動車専用道路のみ)


私は自分の車を持っていないので、それほどの不便は感じませんが、

着用義務が発生する頻度が高いのは、よく利用する高速バスです。

これはほぼ一ヶ月に一回は使ってます。

現在でも高速道路に入る際には、車内放送で乗客にシートベルト着用を

促すアナウンスはしていますが、誰も聞いちゃいません。

バス会社もアナウンスだけしてチェックしないし、

着けるように呼びかけましたという事実が大事なのでしょう。


それが、乗客が着用しないと運転手が罰せられるようになるわけだけら、

今後のアナウンスがどうなるのか気になります。


ちょっとめんどくさいけど

乗ってる人の安全考えると仕方ない気もします。


どれだけ安全運転に気を付けていても事故は起こるんだし

起きたときに被害を受けるのは自分であり、同乗者です。


ちょっとの心がけで地球を救おうっていうエコの考え方があるなら

ちょっとの心がけで自分の命を救おうっていう考え方もあっていいんじゃないでしょうか。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。