So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
メッセージを送る
ファンド情報 MONTHLY ブログトップ

11月のPCAインド・インフラ、JFアセアン、HSBCロシア、ブラックロックゴールド [ファンド情報 MONTHLY]

11月の基準価額変化
11月の基準価額

11月の基準価額
 先月の基準価額暴落に引き続いて、下落傾向が続きました。11日には、個人消費の減退懸念から米株価が大幅下落。それを受けて12、13日に基準価額が大幅に下落しました。しかし、米政府がシティグループへの救済策を発表したことにより、25日に全てのファンドが大幅反発、そのまま上昇傾向が続いたまま、11月は終わりました。
 先月末比では、25日の怒涛の値上がりにより、ブラックロックゴールドファンドのみがプラスの9.91%、PCAインド・インフラ・ファンドは-2.38%、JFアセアン成長株ファンドが-7.10%、最も値下げ率が大きいのがHSBCロシアオープンで-19.84%でした。
 チャートを見ると、PCAインド・インフラ株式ファンドとJFアセアン成長株ファンドが比較的穏やかな値動きなのに対して、HSBCロシアオープンとブラックロック・ゴールド・ファンドは相場の変動に呼応して基準価額が大きく変化していることがわかります。


11月の原油価格とHSBCロシアオープン
  今月一ヶ月で、WTIは-17.47%となりました。先月の-31.18%ほどではないものの、今月も下落傾向が続きました。先月24日にOPECが減産を決定しましたが、価格を上昇させることはできませんでした。HSBCロシアオープンは11/12、13の大暴落、11/25の大反発によって、先月末比で-19.84%と、最終的にはWTIとほぼ同じ値動きになりました。
 カイロで29日開かれたOPECの緊急総会では減産が見送られました。これが直接、今後の原油価格の下落に直接的につながるとは思えませんが、景気回復の見通しが見えない中、原油価格はそう簡単に上がることはないと予想されます。 (↓の図は11/4の価格を100としています)

11月のHSBCロシアオープン基準価額とWTI価格
11月のHSBCロシアオープン基準価額とWTI価格

11月のロンドン金価格とブラックロック・ゴールド・ファンド
 ロンドン金価格は先月下落し、今月中旬までもみあいが続いたものの、下旬から上昇しました。先月末比では+11.46%となりました。ブラックロック・ゴールド・ファンドは値を下げ続けましたが、11/21に急反発。最終的には、先月末比で+9.91%で11月を終えました。(↓の図は11/4の価格を100としています)
 金融不安時、株価下落時、ドル安時には上がる傾向があるといわれる金価格ですが、この度の金融危機ではその傾向が金価格に現れているとは言えず、不安定な値動きが続きます。

11月のブラックロック・ゴールド・ファンドとロンドン金価格
11月のブラックロック・ゴールド・ファンドとロンドン金価格

  

今月一ヶ月の各ファンドの変動係数(=標準偏差/平均)は、PCAインド・インフラ・ファンドが0.089(←0.175)、JFアセアン成長株ファンドが0.074(←0.180)、HSBCロシアオープンが0.186(←0.274)、ブラックロック・ゴールド・ファンドが0.101(←0.239)となりました。先月の不安定な値動きを経て、今月は少し落ち着きました。

今月のリスクランキング
リスク大 
HSBCロシアオープン 0.186>ブラックロック・ゴールド・ファンド 0.101>PCAインド・インフラファンド 0.089>JFアセアン成長株ファンド 0.074 リスク小

※変動係数(COV: Coefficient of Variation)とは、平均値からのばらつきの大きさを表す標準偏差を、平均値で基準化したものです。この値が大きいほど、大きな値動きをする→リスクが大きいと言えます。

12月の注目イベント
12/4   ECB(欧州中銀)理事会
12/15   FOMC
12/31     株式投資信託譲渡益に対する減税措置の期限


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

10月の投資信託基準価額(PCAインド・インフラ株式ファンド、JFアセアン成長株ファンド、HSBCロシアファンド、ブラックロック・ゴールド・ファンド、WTI、ロンドン金価格) [ファンド情報 MONTHLY]



10月の基準価額変化
10月の基準価額

10月の基準価額

リーマンが破綻した9/14から金融危機が更に本格化し、その影響を受けて全てのファンドが暴落しました。
10/1~10/31の間で、PCAインド・インフラ・ファンドの基準価額は38.35%下落。JFアセアン成長株ファンドは38.11%、HSBCロシアオープンは39.34%下落。最も下げたのがブラックロックゴールドファンドで41.91%の下落でした。ロシアオープンは、10/28日に1日からの下落率-63.02%を記録していますが、10月最後の三日間で怒涛の値上がり(゚Д゚#)を見せたため、下落率は思ったより抑えられました。


10月の原油価格とHSBCロシアオープン

今月一ヶ月で、原油価格WTIは、-31.18%となりました。HSBCロシアオープンの下落率よりはやや小さいですが、景気後退による需要減少の懸念から大きく値を下げました。24日にOPECが減産を発表しましたが、月末までの値動きを見てもその効果があったのかどうかまだ判断できません。11月に更なる景気後退が懸念されれば更に需要減少が見込まれ、原油価格の下落が予想されますが、もし原油価格が上がれば、29、30、31と三段跳びに値を上げたHSBCロシアオープンも更に値を回復する可能性は十分考えられます。
(↓の図は10/1の価格を100としています)


10月のHSBCロシアオープン基準価額とWTI価格
10月のHSBCロシアオープン基準価額とWTI価格

10月のロンドン金価格とブラックロック・ゴールド・ファンド

リーマン破綻から金融不安が一気に高まったため、安全資産の金が買われるという動き。そして、資金を得るため金を売るという動きのせめぎ合いで、結局今月一ヶ月間では金価格は下がる結果となりました。10/1を基準にすると、10月一ヶ月間でみた下落率は17.96%でした。ブラックロック・ゴールドファンドは金価格の下落率を大きく上回り、一時10/1の価格の半額以下まで値を落とすも、10/29、30、31に怒涛の値上げを演じ、最終的には-41.91%となりました。(↓の図は10/1の価格を100としています)


10月のブラックロック・ゴールド・ファンドとロンドン金価格
10月のブラックロック・ゴールド・ファンドとロンドン金価格

 


今月はリーマン破綻の次の月ということで世界的な金融不安から全てのファンドが大きく値を下げました。市場は各国政府の金政策にかなり敏感になっており、全てのファンドが大きな値動きをしました。ちなみに一ヶ月の各ファンドの変動係数(=標準偏差/平均)は、PCAインド・インフラ・ファンドが0.175、JFアセアン成長株ファンドが0.180、HSBCロシアオープンが0.274、ブラックロック・ゴールド・ファンドが0.239となりました。新興国ファンドの基準価額より金関連のファンドの基準価額の変動の方が大きく、リスキーだというこの状況。ブラックロック・ゴールド・ファンドの特徴なのか、他の金関連ファンドもそうなのか、気になるところです(σ´Д`)σ


11月の注目イベント
11/4   米大統領選挙
11/6   欧州中央銀行理事会(ECB)
11/15   第1回緊急首脳会議@米ワシントン
11/20,21日銀金融政策決定会合
11/22,23APEC首脳会議@ペルー


DAILYファンド情報
|10/31(金)HSBCロシアオープンが三段跳びの大幅続伸(σ・∀・)σ|
|10/30(木)HSBCロシアオープン、ブラックロック・ゴールド・ファンドが大幅続伸|
|10/29(水)4営業日ぶりに全てのファンドが大幅反発(σ・∀・)σ
|10/28(火)4営業日連続で全てのファンドが最安値更新|
|10/27(月)3営業日連続で全てのファンドが最安値更新ヽ(`д´;)/|
|10/24(木)全てのファンドが2日連続で最安値更新ヽ(゚Д゚ )|
|10/23(水)全てのファンドが最安値更新 ヽ(´Д`;)ノ|
|10/22(火)ブラックロック・ゴールド・ファンド 反落|
|10/21(月)ブラックロック・ゴールドファンドが +12.06%上昇|

WEEKLYファンド情報
|10月第3週の基準価額|
|10月第4週の基準価額|
|10月第5週の基準価額|


投資信託基礎知識
|金価格を左右する出来事|
|投資対象としての金の特徴|
|原油価格を左右する出来事|
|原油価格とHSBCロシアオープンは連動する?|
|VIX(恐怖)指数って?|

PR
|好利回り!元本保証型ファンド情報|

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:マネー
ファンド情報 MONTHLY ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。